• 転勤族の嫁

    「僕は転勤族だからいろんな地域に行くことになるかもしれないけれど、ついてきてくれるかい?」
    とプロポーズされてはや10年。その言葉通りこの10年間で私は育った地域からずっと離れた場所へ2回、引っ越しをしてそこで2年から3年の生活をしてまた次の地域という生活を続けていました。

    最後の引っ越しは自分の実家からほど近い地域だったので、親も近くにいるしということで安心感もあったし楽しかったのだが、、。先日、旦那さんが困ったような顔で「ごめん、また転勤になっちゃったよ」と持って来た通知がなんと今度は新潟県でした。

    これまた、北の方に引っ越さなきゃ行けなくなっちゃったなとがっかりしつつも2ヶ月もしたら新潟に引っ越さなければならないのだから、そんなにのんびりしてもいられない。
    しぶしぶ、荷造りを始めたのです。旦那の話しによると今回の転勤のあとはしばらく転勤はなく、少なくとも5年くらいは新潟県に住むことになるかもしれないというので、げんなりしていた気持ちをなんとか立て直して5年くらい住むことになるのなら、しばらくやめていた看護師としての仕事をもう1回やり始めてもいいよなぁと思った。

    結婚してからも数年は看護師として働いていたのだが、転勤することになったので退職。最近は看護師の派遣会社に登録したりして、短期的にしか働いていなかったのだが5年も新潟に住むことになるのなら、クリニックとかに就職するとかアルバイトでもフルタイムで働くことも可能になってくる。

    というわけで、荷造りと同時に新潟県の看護師求人情報もネットなどで調べ始めたのだった。新潟県の看護師求人自体はずっと人手不足だと思うから、仕事復帰目指して頑張ろと決意を新たにしたのであった。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です